MYMEMO「マイメモ」UE4Document「DurationTick+Curve」

こんばんわ~
AZStokeです。

本日はUE4のマクロについて記載します。
以前のブログでalwaiさんのDurationTickを改良したものを挙げさせていただきましたがさらなる改良を加えさせていただきました。
http://www.azstoke.jp/posts/1892182?categoryIds=393218

今回はリニアに動くAlphaの値をカーブアセットを使って自由に動きをつけることができるようにしました。
タイムラインにより近くなったかな~っと思います。
コンポーネント内でタイムラインが使えられれば話しが早いんですがね。

good evening

AZStoke.

I will describe the macro of UE 4 today.

I will mention alwai's improved DurationTick on my previous blog, but I've made improvements.

http://www.azstoke.jp/posts/1892182?categoryIds=393218

In this time I made it possible to move freely by using Curve asset for the value of Alpha that moves linearly.

I guess it is getting closer to the timeline.

Although it is quick to talk if the timeline can be used within the component.

上記の画像を参考にカーブファイルを作ります。
この時に最終点がDurationTickの最終点になるのでそこまでTickが動き続きます。

自由にカーブに動きをつけることができるのでとても便利です。

Make a curve file with reference to the above image.

At this time the final point becomes the final point of DurationTick so Tick will continue to move there.

It's very convenient because you can freely move around the curve.

DurationTickは以上のようになってます。
テストしてうまいこと動いてそうなので共有しますね。
これでコンポーネント内でタイムラインらしきものを使えるようになるのでぜひ使ってみてください~

DurationTick has become like the above.

It's a good thing to test, so it's going to move so share it.

Now that you can use things like timeline in the component, please try using it 


p.s

少しBP内で見せているRainVollumeやらは現在サウンドアセットの開発中です。
また別ブログで少しずつ進捗報告します。

RainVollume and others who are doing a little in BP are currently developing sound assets.

I will also report progress progress little by little on another blog.


AZ STOKE OFFICIAL

We're organization that sets the asset development of sound. By providing a variety of know-how aims to lead advances in sound technology.

0コメント

  • 1000 / 1000