top of page

GameAudio & Art

loopdirock_python2.jpg

PYTHON

BRONZE

BRONZEランクのユーザーは

126項目のAPIを利用することができます。

※APIの利用にはダウンロードが必要です。

BEGINNER : if/for/Table

SCRIPT

文字列をコンソール出力する関数と実行

AZ_showConsoleMsg

ifを利用した条件テスト

AZ_if

elseifを利用した条件テスト

AZ_if_2

指定範囲のループを実行

AZ_for_loop

配列の数のループを実行

AZ_for_loop_2

指定数を配列に登録

AZ_list

配列の中に配列

AZ_append

配列の数を出力

AZ_len

配列の間に新たな値を追加

AZ_insert

配列の一部を指定して削除

AZ_del_remove

配列を並び替える

AZ_sort

配列を配列内の要素を基準に並び替える

AZ_sorted

指定区切りの文字列を分割して取得

AZ_split

配列の中に指定のファイルの有無確認

AZ_array_in

配列の中の指定のファイルの配列位置を取得

AZ_index

MEDIA

SCRIPT

全ての選択メディアのチャンネルモードをステレオミックスダウンのモノラルに変更

AZSTOKE_SelectAllMediaStereoDownMixMonoChanger

全てのメディアを昇順に並べ替える

AZSTOKE_AllMediaNameAscendingOrderSetter

全選択メディアの名前に"_ng"を追加

AZSTOKE_SelectAllMediaAddNGWord

MIDDLE: Folder/Math/Time/Object

SCRIPT

API

TRACK

API

指定位置(3)のトラックを追加

1

AZSTOKe_Sample_InsertTrackAtIndex

指定プロジェクトのトラック数

2

AZSTOKe_Sample_CountTracks

トラック1のトラック変数を取得

3

AZSTOKe_Sample_GetTrack

選択しているトラックを取得

4

AZSTOKe_Sample_GetSelectedTrack

選択しているトラックを取得

4

AZSTOKe_Sample_GetSelectedTrack

トラック名「1」を記載されているトラックを選択

5

AZSTOKe_Sample_SetTrackSelected

指定トラックのトラックIDを取得

6

AZSTOKe_Sample_CSurfTrackToID

選択トラック1を子階層に移動

7

AZSTOKe_Sample_ReorderSelectedTracks

指定トラックのみ選択状態にする

8

AZSTOKe_Sample_SetOnlyTrackSelected

選択しているトラックの数を取得

9

AZSTOKe_Sample_CountSelectedTracks

選択しているトラックを取得(マスターを含む)

10

AZSTOKe_Sample_GetSelectedTrack2

選択しているトラックの階層を取得

11

AZSTOKe_Sample_GetTrackDepth

指定メディアのトラック移動

12

AZSTOKe_Sample_MoveMediaItemToTrack

指定トラックに各種値を設定

13

AZSTOKe_Sample_SetMediaTrackInfo_Value

トラック1に置かれているメディア数を取得

14

AZSTOKe_Sample_CountTrackMediaItems

選択している全てのトラック名に順列番号を設定

15

AZSTOKe_Sample_GetSetMediaTrackInfoString

トラック1の色をトラック2に色設定

16

AZSTOKe_Sample_GetSetTrackColor

トラック1の色をトラック2に色設定

16

AZSTOKe_Sample_GetSetTrackColor

選択しているトラックの縦サイズを300に変更

17

AZSTOKe_Sample_TrackList_AdjustWindows

SCRIPT

MARKER

API

現プロジェクトのテンポマーカーの数を取得

1

AZSTOKe_Sample_CountTempoTimeSigMarkers

現プロジェクトの全てのテンポマーカー情報を取得

2

AZSTOKe_Sample_GetTempoTimeSigMarker

波形の長さに合わせてプロジェクトマーカーを設定

3

AZSTOKe_Sample_AddProjectMarker2

現プロジェクトのプロジェクトマーカーの数を取得

4

AZSTOKe_Sample_CountProjectMarkers

すべてのプロジェクトマーカーを削除

5

AZSTOKe_Sample_DeleteProjectMarker

0のプロジェクトマーカーの情報を取得

6

AZSTOKe_Sample_EnumProjectMarkers3

通常のマーカーのみの情報を取得

7

AZSTOKe_Sample_EnumProjectMarkers3_getNomal

1番プロジェクトマーカーを設定

8

AZSTOKe_Sample_SetProjectMarker

指定のプロジェクトマーカーのカラーを変更

9

AZSTOKe_Sample_SetProjectMarker3

SCRIPT

ACTION COMMAND

API

SCRIPT

STRING

API

Code:

Start Now

Code:

Code:

Start Now

Code:

Code:

Start Now

Code:

Code:

Start Now

Code:

Code:

Start Now

Code:

Code:

Start Now

Code:

SCRIPT

ENVELOPE

API

Code:

Start Now

Code:

Code:

Start Now

Code:

Code:

Start Now

Code:

Code:

Start Now

Code:

Code:

Start Now

Code:

Code:

Start Now

Code:

SCRIPT

EFFECT

API

Code:

Start Now

Code:

Code:

Start Now

Code:

Code:

Start Now

Code:

Code:

Start Now

Code:

Code:

Start Now

Code:

Code:

Start Now

Code:

SCRIPT

API OTHER

API

Code:

Start Now

Code:

Code:

Start Now

Code:

Code:

Start Now

Code:

Code:

Start Now

Code:

Code:

Start Now

Code:

Code:

Start Now

Code:

SCRIPT

HIGH: Copy/Input/Output

API

SCRIPT

Code:

Start Now

Code:

Code:

Start Now

Code:

Code:

Start Now

Code:

Code:

Start Now

Code:

Code:

Start Now

Code:

Code:

Start Now

Code:

CURSOL

API

Code:

Start Now

Code:

Code:

Start Now

Code:

Code:

<