top of page

GameAudio & Art

【毎週更新-Python-】「HANDAUTOMER」-Part1- 選択メディアを音量調整しラウドネスを自動設定-ReaScript!!

更新日:6 日前

 
 

選択トラックを先頭にミュート削除と未使用トラックを削除

 
 

[PYTHON]REAPDOCK/APIDOCKドキュメント更新の連絡

 

株式会社AZSTOKE 中島です

 

お知らせ

 
SILVER

SILVERのAPIではどんなことができるのかを知っていただくため、

Reapdockの内容を事前に公開しております。

SILVERのリリース日は6月6日

今しばらくお待ちください。

 

Python毎週ドキュメント更新


選択トラックの先頭を取得し以下を対象にする







ミュートメディアを削除と未使用トラックを削除結果






















木曜のドキュメント更新日となりました

今回紹介するのは、HANDAUTOMERを使ったラウドネスコントロールReaScript Python版です。


このScriptでは、HANDAUTOMERを実行し、音声素材の全体レベルを整え、指定数値へのラウドネス調整まで、複数のメディアに対して一括で処理を行います。


従来、ボイス整音の作業というと、

収録素材を視聴、1素材ごとに細かく音量調整、また視聴し、また調整し…

と単純ながら、手間のかかる作業を繰り返します。


クオリティ追及のためには必要不可欠な作業ですが、なかなか時間がかかることも事実…


そこで今回紹介するこのReaScriptでこの作業を大幅にショートカット。

SILVERで追加されるAPI「HANDAUTOMER」や、ラウドネス調整のAPIを合わせることで、何千何万とある素材のレベル調整とラウドネスの調整まで行います。


このReaScriptを使ったことで生まれる時間を、クオリティ追及にあてることができますね。


今回は新プランSILVERで登場するAPI、HANDAUTOMERの紹介。

その第1弾として、「選択メディアにHANDAUTOMERを実行してMomentary-21LUFSに自動設定」を紹介しました。


第2弾もお楽しみに!

□ReaScriptの生成方法の詳細ドキュメントは👇


 

SILVERのAPIでもっと作業を効率化!リリースをお楽しみに🎵


🌙詳細はこちらのBlogから🐍


 

次回 6/4 Reapdock Lua版を公開

 

 

LINK

 
Reaperが初めて/プランの加入を検討されている方
[REAPDOCK]Scriptのドキュメントは以下を参照
[APIDOCK]Scriptで利用しているAPIは以下の目次ページを参照







閲覧数:9回0件のコメント

コメント


bottom of page